自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

レンタカー利用時の自動車保険は?

レンタカーはとても便利なものです。必要なときだけ利用している方も多いでしょう。
または旅行先で利用する、ということもあるかもしれません。
他にも気になる車種があった場合には、まずはレンタカーで乗り心地を試してから購入するかを決める、といった利用をするケースもあるのです。

一方でレンタカーを利用している最中に事故にあってしまう、という可能性も捨てきれません。
レンタカーが破損してしまったり、自分が怪我をしてしまったりするかもしれないのです。
そんな時に気になってくるのが自動車保険です。

そもそもレンタカーには自動車保険がしっかりとついているのでしょうか?
付いているとしたらどのような補償内容になっているのでしょうか?

こちらではレンタカーと自動車保険の関係性についてお伝えします。

レンタカーには自動車保険がついている!

・レンタカー料金に保険料が含まれているので心配なし

レンタカーにはいちおうは自動車保険がしっかりと付帯しているので心配はありません。
料金についても別個にかかってくるわけではありません。
レンタカー料金に保険料も含まれているのです。

ただしレンタカー料金に含まれる保険の保証内容に関してはそれほど手厚いものではありません。
そこでレンタカー料金にプラスして、さらに手厚い自動車保険に加入した上でレンタカーを利用する、という方も実際にいるのです。

ではレンタカー料金に含まれる補償内容とはどうなっているのでしょうか?

レンタカー料金に含まれている保険の補償内容とは?

※こちらはトヨタレンタカー(https://rent.toyota.co.jp/)を参考にしました。

・対人補償はどうなっているの?

1名に付き無制限となっています。
大怪我をしてしまって長期間の入院をするようなケースであったとしても問題はありません。
無制限の保証となっているので、医療費なども全額負担してもらえるわけです。

・対物補償はどうなっているの?

1事故につき無制限の設定となっています。
事故を起こして何かしらのものを壊してしまった、という場合でも対応してもらえます。
ただし免責額が設定されているので注意しましょう。

免責額に関してはトヨタレンタカーでは50,000円となっています。
ですから20万円の価値がある物を壊してしまった場合には、15万円が補償される、という仕組みになっているのです。

・車両補償はどうなっているの?

1事故あたりで車両の時価額まで対応できる内容となっています。
ただしこちらに関しても免責額が設定されているので注意してください。

【自己負担額・・・50,000円】
※バスや大型貨物車であった場合には10万円となります。
※トヨタレンタカーのケース

車両保証があることで、自分の責任で事故を起こしてしまった場合でもレンタカーの修理代金などがカバーしてもらえるわけです。レンタカーを利用する方の中には「運転自体が久しぶり」というケースもあるのではありませんか?車両補償がついていれば安心できるわけです。

・人身傷害補償はどうなっているの?

1名につき3,000万円までとなっています。
3,000万円という補償額に関しては、あまり大きいとはいえません。
レンタカーの保険の補償内容としては手薄と言わざるをえません。
死亡や後遺障害であった場合でも限度額が3,000万円に設定されているのです。

レンタカーの自動車保険が適用されないケース

・無免許運転であったケース
・酒気帯び運転であったケース
・契約者以外が運転して事故にあったケース
・警察に事故の届け出をしなかったケース
・レンタカーの利用時間をオーバーして事故にあったケース(事前に連絡して延長していればOK)
・その他の規約に違反していたケースなど

レンタカーの自動車保険が適用されるには、レンタカー会社が定める条件をクリアする必要があります。事細かに設定されているので、内容をしっかりと理解しなければなりません。

レンタカーでさらに手厚い自動車保険をつけることは出来ないのか?

・料金を上乗せすれば可能

レンタカー会社によって金額は異なりますが、保険料(レンタカー料金)を上乗せすることで手厚い補償内容にすることも可能です。
例えば免責額を撤廃することも可能ですし、ロードサービスを付加する、といったことも可能なのです。

料金の上乗せ額に関しては1日あたり(24時間)あたりで1,000円から2,000円程度となっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ