自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

事故の相手が無保険車|無保険車傷害保険とは?

事故を起こしてしまったケースですが、自分でも保険に入っておき、相手も保険に入っている、というケースがベストです。
しかし自賠責保険は強制的に加入となりますが、任意保険については加入していない人も多いのです。
大事な対人賠償保険や対物賠償保険についても、加入率は75%を下回っている事態となっています。
もしかすると事故を起こした相手が無保険車という可能性もあるわけです。

こちらでは事故相手が無保険車であっても安心な保険についてお教えします。
その保険とは、無保険車傷害保険と言います。一体どのような保険なのでしょうか?

無保険車傷害保険ってなに?

・事故相手が無保険車でも補償が得られる

自賠責保険に関しては、対人のみの対応となっています。
しかも金額も上限が定められており、後遺障害になってしまった場合で、最高4,000万円となっています。
怪我などの傷害に関しては最高で120万円です。
もしもそれらの金額を超えるような額を賠償してもらうためには、相手にそれなりの資産があるか、任意保険に入っていなければ無理と言っても過言ではありません。

仮に相手に資産がなく任意保険にも入っていない、という状況になってしまったら、自賠責保険以上の保証は受けられない、ということになってしまいます。

要は、無保険車傷害保険は自身を守るための保険です。
相手方が保険に入っていなかった場合には、自分の保険によって自分を補償するわけです。

・無保険車傷害保険は追加で加入しなければならないのか?

基本的に任意の自動車保険に自動付帯されています。
ですから自分で加入手続きをしなければならない、ということはほとんどありません。
もちろんすべての自動車保険に自動付帯しているわけではないので、加入する時には無保険車傷害保険がついているかを必ず確かめましょう。

無保険車傷害保険の補償対象には注意しよう

・死亡と後遺障害は補償対象
・一般的な怪我や傷害については補償対象外

無保険車傷害保険に関しては、死亡と後遺障害が生じてしまった場合に補償してもらえます。
一方で完治するような怪我や傷害に関しては保証対象外となっているのです。
ですから殆どの事故ではあまり役に立ってくれないのが実情となっています。
もしものときだけ活躍してくれるのが無保険車傷害保険なのです。

無保険車傷害保険が活用されるケースとは

1. 事故の相手が自動車保険に加入していなかったケース
2. 事故の相手がわからないケース(ひき逃げや当て逃げのケース)
3. 事故の相手の自動車保険から保険金が支払われなかったケース

事故の相手が無保険車であった場合には補償の対象となります。
無保険車傷害保険が大いに役立ってくれるわけです。

事故の相手がわからなかったケースも補償の対象内となります。
そもそも事故の相手がわからなければ、自動車保険に対して請求も出来ません。
ひき逃げや当て逃げをされてしまい、事故の加害者が特定できないという最悪の事態への対処も考えておかなければなりません。

ちなみに事故の加害者特定ができなかった場合には、国土交通省の制度により一部補償されます。
政府保障事業制度というものがあり、対応してもらえるのです。
しかしあくまで一部なので、足りなかった部分は無保険車傷害保険でカバーするわけです。

※政府保障事業制度の補償額・・・後遺障害の場合は最高3,000万円、障害事故の場合は最高120万円

事故の相手が自動車保険に加入をしていたとしても、保険金が支払われないケースもあります。
その場合も無保険車傷害保険が適用されることになります。

【事故相手が保険に加入しているのに保険金が支払われないケース】
・運転者限定をしており、限定している者以外が運転していた場合
・年齢条件を設定しており、その条件に当てはまらない人物が運転していた場合

保険車であろうと、必ずしも保険金が受け取れるわけではありません。
近年では、年齢条件や運転者限定などを設定した保険も多く存在します。
距離条件なども設定できますよね。
それらの条件を越えてまで保険はカバーしてくれません。
結果的には無保険車と同じような状況になっている保険車も多いのです。

まとめ

無保険車傷害保険に関してはそれほど意識することはありません。
任意の自動車保険には、基本的に自動付帯しているからです。
別途加入が必要というケースは少ないので、契約時に自動付帯しているかを確かめるだけでOKです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ