自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

搭乗者傷害保険の中身を徹底調査

自動車保険の中身は非常に複雑です。
保険をうまく活用していくためには、その中身をしっかりと把握しておかなければなりません。

今回は自動車保険における搭乗者傷害保険について徹底解説します。
その名の通りに搭乗車を守るための保険であり、よく人を載せて運転する、という方には必須の保険となっているわけです。

搭乗者傷害保険について詳しく理解していない、という方は要チェックです。

そもそも搭乗者傷害保険ってなに?

・自動車に乗っている人の損害を保証する保険

搭乗者とは乗り物に乗っている人を表していますよね。
搭乗者傷害保険とは、車に乗っている人を補償する保険なのです。

搭乗者は運転する人も含んでいます。

事故にあって搭乗者が怪我をしてしまった場合に補償してくれる保険となっています。

・搭乗者傷害保険に加入しなくてもよいのか?

保険会社にもよりますが、人身傷害保険に加入している場合には加入しなくても良い、としているところもあります。
搭乗者傷害保険と人身傷害保険は非常に似ているものなので、お互いに補い合えるわけです。

対人賠償との違いとは?

・運転者の補償が異なる

対人賠償に関しては他人に対しての補償となっています。
要は運転者が事故にあって怪我をしたとしても、対人賠償では補償してもらえません。
事故を起こした相手が保険に入っていれば問題ありませんが、未加入であった場合には大きな問題に発展してしまいます。

要は、搭乗者傷害保険は自分の身を守るための保険でもあるのです。

・自分の過失割合が100%でも補償OK

過失割合によっては、医療費などがカバーしきれないことも自動車保険ではありがちです。
しかし搭乗者傷害保険であれば、自分の過失割合が100%であったとしても、単独事故であったとしても保障される、といったメリットがあります。

・利用しても等級に影響を与えない

自動車保険を利用すると等級が下がってしまうので利用しなかった、といった経験をしている方も大いのではありませんか?
搭乗者傷害保険は特殊な保険であり、実は利用しても等級を下げることはありません。
翌年の保険料に響かないのです。

・事故相手から損害賠償金が支払われても補償される

事故相手がしっかりと保険に入っており、損害賠償金が支払われていたとしても搭乗者傷害保険の対象となります。
要は保険金の2重取りが出来るような感覚になるのです。

実際に事故にあったらどれくらいの保険金が貰えるのか?

保険金の額に関しては部位と怪我の内容によって大きく異なってきます。
また保険会社によっても異なっているので、相場というものを指摘するのも難しくなっているのです。

ちなみに打撲や捻挫といった怪我の程度であれば、50,000円程度の保険金になることが多くなっています。
骨折や脱臼に関しては20万円から40万円弱で、欠損や切断となると20万円から60万円程度に設定されているケースが確認できました。

搭乗者傷害保険が適用されないケースとは

・自身や噴火、津波が関わっているケース
・自動車から降りた後の事故であるケース
・車両の窓から身を乗り出して事故にあったケース
・荷台に乗車して事故にあったケース
・定員オーバーであったケース
・シートベルトやチャイルドシートを使用していないケース

正しく自動車を利用していなければ保険金は支払われません。
また一部の自然災害が関わっている事故に関しても対象外となるので注意しましょう。

※自然災害の中でも台風や洪水、そして高潮が関わっている場合には搭乗者傷害保険は適用されます。

もちろん保険会社によっても判断は大きく異なります。
前もって確認しておくことが肝心です。

搭乗者傷害保険は加入しなくても大丈夫か?

・人身傷害補償保険の内容によって判断すること

人身傷害保険の内容が手厚い場合には、搭乗者傷害保険は加入しなくても問題ありません。
前述したように基本的に補償内容が似通っているからです。

もちろん安心なのは搭乗者傷害保険と人身傷害保険の両方に加入する、ということです。
事故にあって怪我をした場合には、両方の保険金が受け取れます。
しかしその分保険料が高額化してしまうのです。

コストと補償バランスを考えた上で、適切な判断をしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ