自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

自動車保険でよく耳にする等級って何?

自動車保険の基礎中の基礎と言っても良いかもしれません。
今回は自動車保険における「等級」について詳しくお話しします。

等級に関しては「等級が高くなればなるほど保険料がお得」「等級が低くなればなるほど保険料が高くなる」といったことで理解している方も多いでしょう。
しかし何等級でどれだけ自動車保険が安くなるのか、ということまで知っているでしょうか?

等級は基礎的なことではありますが、しっかりと理解しておかなければ保険料を損してしまうこともあり得るのです。

等級の割引率はどのくらい?

【割増等級】

・1等級・・・保険料が64%割増
・2等級・・・保険料が28%割増
・3等級・・・保険料が12%割増

【割引等級】

・4等級・・・保険料が2%割引
・5等級・・・保険料が13%割引
・6等級・・・保険料が19%割引
・7等級・・・無事故のケースの保険料は30%割引、事故有のケースは20%割引
・8等級・・・無事故のケースの保険料は40%割引、事故有のケースは21%割引
・9等級・・・無事故のケースの保険料は43%割引、事故有のケースは22%割引
・10等級・・・無事故のケースの保険料は45%割引、事故有のケースは23%割引
・11等級・・・無事故のケースの保険料は47%割引、事故有のケースは25%割引
・12等級・・・無事故のケースの保険料は48%割引、事故有のケースは27%割引
・13等級・・・無事故のケースの保険料は49%割引、事故有のケースは29%割引
・14等級・・・無事故のケースの保険料は50%割引、事故有のケースは31%割引
・15等級・・・無事故のケースの保険料は51%割引、事故有のケースは33%割引
・16等級・・・無事故のケースの保険料は52%割引、事故有のケースは36%割引
・17等級・・・無事故のケースの保険料は53%割引、事故有のケースは38%割引
・18等級・・・無事故のケースの保険料は54%割引、事故有のケースは40%割引
・19等級・・・無事故のケースの保険料は55%割引、事故有のケースは42%割引
・20等級・・・無事故のケースの保険料は63%割引、事故有のケースは44%割引

※ここに表示している割引率・割増率はあくまで相場です。保険会社によって微妙に異なるケースもあります。

ここで注目してほしいものが幾つかあります。
まずは保険料が割増になるケースもある、という部分です。
3等級以下に関しては割増となり、4等級以上で割引が適用されるようになるのです。

もう一つ注目してほしいのが、事故がある場合の割引率と事故がない場合の割引率には大きな違いがある、という部分です。
20等級で20%も割引率が変わってきてしまうのです。

事故有に該当するケースですが、自動車保険を利用した場合です。
翌年は事故有の割引率が適用されるので不利な状態になってしまいます。
ちなみに事故にあったとしても保険を使わなければ、事故有とはなりません。等級もそのまま据え置きとなります。

事故と等級のダウンについて

・ノーカウント事故・・・等級のダウンなし

自分や家族のみの怪我であった場合には、事故としてはカウントされません。
件数にかかわらず等級に影響がないのです。
ちなみにノーカウント事故だけである場合には、翌年には1等級上がります。
ノーカウント事故だけであれば、保険料的なマイナスは一切ないわけです。

・1等級ダウン事故

盗難や飛び石、さらには落書きなどによる自動車の破損が対象となります。
車両保険を使うと、1等級ダウンするわけです。
事故1件につき1等級下がるので、2件の落書き被害にあって自動車保険を利用した場合ンは2等級下がります。

・3等級ダウン事故

最も大きな等級ダウンとなるタイプの事故です。

事故によって他人を死傷させてしまったケースや他人の自動車や物を壊してしまったケース。
自分の車を壊してしまったケースも対象となります。

対人賠償保険と対物賠償保険を利用した場合には、3等級ダウンの事故と認定されるので覚えておきましょう。

こちらの事故1件毎に等級が下がるシステムとなっており、2件の事故を起こしてしまった場合には6等級下がります。

初めて自動車保険に加入する時は何等級なの?

・初めての加入時は6等級

6等級から自動車保険は開始となります。
保険料が19%割引になるわけです。

ちなみに2台目以降の自動車を新規で保険契約した場合には、7等級からのスタートとなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ