自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

自賠責保険と任意保険の違いって何?

自動車保険は2つあります。
自賠責保険と任意保険です。

自賠責保険は強制保険とされており加入が義務付けられているのです。
一方で任意保険に関しては、その名の通りに任意です。加入しても加入しなくても構いません。

こちらでは自賠責保険と任意保険にはどのような違いがあるのかを明らかにします。
補償内容の違いや保険料の違いなどを知りたい方は必見です。

事故相手への賠償に関する違いについて

・自賠責保険・・・相手への賠償対応あり
・任意保険・・・相手への賠償対応あり

事故を起こした時に相手が怪我をしてしまったときなどに関しては、どちらの保険であったとしても対応してもらえます。
しかし大きな違いが賠償金額です。
自賠責保険と任意保険の大きな違いとなっているので確かめてみましょう。

・自賠責保険の相手への賠償額・・・傷害は120万円まで、死亡は3,000万円まで
・任意保険の相手への賠償額・・・対人無制限、対物も無制限

自賠責保険は最低気の補償額となっています。
怪我をさせてしまった場合には120万円までの対応しかしてもらえません。
死亡した場合でも3,000万円と少額の設定なのです。
一方で任意保険に関しては対人だけではなく、対物に関しても無制限の設定となっています。

ちなみに死亡事故や後遺障害事故などで最近では億単位の賠償額が発生しているケースも出てきました。
自賠責保険だけだと対応できないような状況に陥ることもあるのです。

自身に対する補償の違いについて

・自賠責保険・・・自身に対する補償はなし
・任意保険・・・自身に対する補償あり、治療費などを補償してもらえる

そもそも自賠責保険は事故の被害者のための保険です。
ですから自身に対する保証というものは付いていません。
入院するような高額な医療費が発生した場合でも、自費で治さなければならない状況も考えられるわけです。
一方で任意保険に関しては相手だけではなく自身に対する保証もしっかりとしています。
怪我をしてしまったとしても補償の対象内なので問題はありません。

自身の自動車に対する補償の違いについて

・自賠責保険・・・自分の自動車に対する補償なし
・任意保険・・・自分の自動車に対する補償あり、修理代を補償してくれる

自賠責保険は物に関しては補償してくれません。
事故にあってクルマを修理しなければならない状態になってしまったとしても、自賠責保険だけであれば自費で対応しなければなりません。
任意保険であれば自身の車に関しても保証の対象内です。
修理の一定額を出してくれるので、懐をそれほど痛めずに再び自動車に乗り続けられるわけです。

示談の代行に関する違いについて

・自賠責保険・・・示談には対応していない
・任意保険・・・示談にも対応している、ただし保険の種類によっては対応範囲が異なる

事故相手と揉めてしまう、というケースも珍しくありません。
そこで重要になってくるのが示談交渉です。
しかし自賠責保険では示談の代行はしてくれません。
自分で行わなければならないのです。
任意保険については示談についても対応しています。
しかし自動車保険の種類によっては対物事故のみの代行、というケースもあるので気をつけましょう。

保険料の違いについて

・自賠責保険・・・1年間で15,000円から16,000円程度
・任意保険・・・1年間で50,000円から100,000円程度

任意保険に関しては金額にかなりの差があるので、単純に比較することは出来ません。
しかし自賠責保険料と任意保険料には大きな差があることも確かです。
任意保険はここまで解説してきたように、かなり手厚い内容となっているのです。
その分、自賠責保険よりも高額に設定されているのは致し方ありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ