自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

セカンドカー割引を徹底解説

2台以上の自動車を所有していると、自動車保険料が高額になってしまいます。
しかし、自動車保険を二倍支払うことになるわけではありません。
実は2台以上自動車を保有している場合には、「セカンドカー割引」なるものが適用されるのです。

ここでは自動車保険における「セカンドカー割引」とはどういったものなのか?ということを明らかにします。
適用条件はどうなっているのか?さらには自動車を2台以上所有しているケースで、セカンドカー割引以外の保険料を安くする方法についてもお教えします。

自動車を買い増しすることが決まり、自動車保険料について頭を悩ませている、という方は要チェックです。

そもそもセカンドカー割引とはどんなものなのか?

・2台目の等級が優遇される

通常の自動車保険は6等級からの開始となります。
しかしセカンドカー割引が適用されれば7等級からの開始となります。

実はセカンドカー割引という名前はついていますが、3台目や4台目の買い増しでも適用されます。
3台目や4台目であったとしても7等級からのスタートとなるのです。

「なんだ1等級しか違わないのか」と落胆している方も多いのではありませんか?
実は6等級と7等級は大きく異なっています。
1等級違うだけでも保険料が大きくダウンするのです。

【6等級と7等級の割引率例】
・6等級・・・19%割引
・7等級・・・30%割引(無事故のケース)

※等級による割引率ですが保険会社によって多少異なってきます。記載したのはあくまで一例です。

11%も保険料が変化してくる可能性があるので、6等級スタートになるか7等級スタートになるかは保険料に大きな影響を与える、といえるわけです。

仮に基本となる保険料が10万円であった場合には、6等級であるか7等級であるかによって11,000円も違いが出て来ます。
セカンドカー割引の威力を感じてもらえると思います。

セカンドカー割引が適用されるための条件とは?

・1台目と2台目の自動車の所有者が個人であること
・1台目の等級が11等級以上であること
・自家用8車種であること
・契約車両の所有者・記名被保険者が本人であるか同居の親族であること

※上記の条件はすべての保険会社で一律決まっているわけではありません。

セカンドカー割引はいくつかの条件があり、それらをクリアしていなければ適用されません。
しかし適用条件はそれほど厳しいものではないので、基本的には問題ないと思います。
ただし注意してほしいのが商用車の場合です。
セカンドカー割引は自動車の所有者が個人であることに限定されているケースが多いので前もって確認してください。

・1台目と2台目の保険会社が異なってもセカンドカー割引は受けられる?

受けられます。
セカンドカー割引は、保険会社をまたいでも適用されるものなのです。

1台目の保険会社がチューリッヒで、2台目の保険会社が三井ダイレクトであったとしても問題ありません。
もちろんすべての保険会社で会社をまたいだセカンドカー割引は受けられない可能性もあります。

前述したようにセカンドカー割引が受けられるか?それとも受けられないか?で保険料にも大きな差がつくことは事実です。
必ず割引が適用になるかを確かめた上で2台目の保険契約を結んでください。

セカンドカー割引以外に2台目の自動車保険料を安くする方法2つ

・ノンフリート多数割引(複数契約割引)を利用する

複数の自動車保険契約を1つの保険会社にまとめてしまうことで受けられる割引です。
セカンドカー割引は会社をまたいでも適用されますが、こちらは会社をまたぐことは出来ないので注意しましょう。

ちなみにノンフリート多数割引(複数契約割引)はセカンドカー割引と似たようなものなので、「併用できないのでは?」と思っている方も多いのです。
併用は可能なので、大きな割引が受けられるチャンスとなります。

・1台目の等級を2台目の引き継がせる

自動車保険では等級の引き継ぎが可能です。
しかし等級が引き継げるのは買い替えた場合のみ、と理解している方が多いのです。
実は、1台目と2台目の等級を入れ替えることもできるのです。

1台目の等級が20等級だったとして、2台目はセカンドカー割引で7等級となります。
1台目の20等級を2台目に移行し、2台目の7等級を1台目に移行することも可能なのです。
新しく購入した自動車は、車両保険などが高額になりがちです。
よって1台目のほうが高い等級であった場合には2台目に引き継ぎさせます。

手続きに関してはそれほど難しいわけではありません。
保険会社に連絡して、指示に従って手続きをするだけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ