自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

妊娠や出産を期に自動車保険を見直すだけでお得になる可能性あり

自動車保険を少しでも安くしたい、と考えるのであれば見直しを定期的に考えましょう。
いつまでも今までと同じ保険内容にしても意味がありません。
現状の自分にマッチングした自動車保険に入ることが、保険料をお得にすることにつながります。

ここでは、妊娠や出産がつい最近にあった、という方に向けて保険の見直しをおすすめします。
なぜ妊娠や出産を期に自動車保険を見直すべきなのでしょうか?
見直すことで、どれくらい保険料が安くなるのでしょうか?

妊娠・出産時に車の買い替えを検討している、という方は特に必見です。

なぜ姙娠・出産を機に自動車保険を見直すべきなのか?

・自動車を買い替える時期でもあるから

妊娠や出産があるということは家族が増える、ということになりますよね。
今までと同じ自動車でもよいのでしょうか?
結果的にセダンでは狭い、といった状況が生まれてしまうこともあるのです。
スポーツカーに乗っている方は、さすがに子育てに適さない車ということで乗り換えを検討しますよね。

自動車を変えるということは、今までと違った条件で保険契約を行う機会にもなるのです。
セダンからミニバンに買い替えたりすることで、保険内容も補償内容も変化してくるかもしれません。
その状況に対応するためにも見直しをするべきなのです。
今までと同じ保険に加入し続けてしまうと、結果的に損してしまうような状況にもなりかねません。
妊娠・出産後は何かとお金もかかります。自動車保険料を少しでも下げて生活にゆとりをもたらしましょう。

妊娠・出産における自動車保険の見直しと保険料

・用途や条件の変更による節約ができる可能性あり

自動車保険に加入する時には、使用目的を選ばなければなりません。
例えば「家庭用」と「業務用」の二つから選ぶケースもあるでしょう。
「日常・レジャー使用」「通勤・通学」「業務」の3つの中から選ぶケースもあると思うのです。

姙娠や出産を迎えると自動車が仕事に関わる業務で利用する機会は相対的に下がるはずです。
基本的に日常やレジャー利用で使用することが増えるので、使用目的の切替ができます。

一般的に業務用の自動車は使用頻度が高く、自動車保険料は高額になりがちです。
いっぽうで、日常・レジャー利用に関しては利用頻度が低いと判断され保険料が安く済むわけです。

もちろん業務利用が今まで通りに多いと判断できる場合にはそのままでも構いません。
しかしお子さんができることによって日常的な利用が増える場合には、思い切って使用目的を見直ししましょう。
それだけでもある程度の自動車保険料の節約は可能です。

ちなみに業務目的の自動車と日常・レジャー目的の自動車では保険料は大きく異なります。
実際に3倍以上の開きになってしまったケースもあるのです。
例えば日常・レジャー目的の自動車保険が50,000円の車が業務目的になると150,000円以上かかってしまうわけです。
使用目的の設定がいかに重要であるかが分かってもらえたと思います。

※通勤・通学目的の場合も日常・レジャー目的と比較すると20%増し程度に設定されます。要は通勤・通学目的の自動車を日常・レジャー目的の自動車として見直せば、20%程度も保険料が節約できるわけです。

・等級が高い家族が保険料の高い自動車の保険料を契約する

自動車保険には等級が大きく関わります。
妻が20等級で、夫が10等級というケースもあるでしょう。

妊娠・出産を機に自動車を1台買い増したケースですが、等級が高いほうが新しい自動車の保険の名義人になるわけです。
たったそれだけでも大きなメリットが受けられます。
また車両価値が高い自動車の保険に関しても、等級が高いほうが名義人になったほうが保険料はお得です。
自動車保険には車両保険があるわけですが、車両保険にかかる費用はその車の価値によって大きく左右されます。
新車であり高額な自動車であった場合にはなおさらです。

契約期間中でも保険内容を切り替えよう

・自動車保険は契約期間中にも契約内容の変更が可能

妊娠・出産が都合よく契約更新前後に起こるわけではありません。
だからこそ、契約切替の時期に関係なく見直すことが大事になってくるのです。
自動車の使用実態に変化が現れた場合に関しては変更しなければ、補償が受けられないようなケースまででてきてしまうわけです。

・契約内容の返納手続きとは?

保険証券を用意して保険会社に電話連絡すれば手続きを行ってくれます。
面倒なことは一切ないので、変更が出た場合には、すぐに手続きに入ってくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ