自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

年齢条件をうまく活用して自動車保険料金を節約

自動車保険は契約者の年齢によっても保険料が変動します。
年齢によって保険料が高くなってしまうこともあれば、お得になることもあるのです。

今回は自動車保険を少しでも節約するための知識として、年齢と保険料について考えてみます。

そもそも自動車保険と年齢はどのように関わっているのか?年齢によって保険料がどの程度変わってくるのか?といったことなどを明らかにします。

自動車保険と年齢の関係性とは?

・自動車保険における補償区分について

自動車保険には運転者の年齢によって補償の範囲を制限する、運転者年齢条件なるものを設定しています。
補償の範囲を狭くすることによって保険料を安くしてくれるのです。

もちろん保険会社にメリットがないわけではありません。
事故を起こしやすい年代と、事故率が低い年代があるからです。
要は事故率が低い年代であれば、保険会社としてもリスクが低い、ということになります。
だからこそ年齢条件を設定してリスクが少ない年代の保険料をお得にしてくれます。

もちろん事故が多いと判断された年代からしてみると、保険料は実質アップです。
運転者年齢条件は運転者にとっては、メリットもあればデメリットもあるわけです。

・そもそもどのように年齢が区別されているのか?

・全年齢補償
・21歳以上補償
・26歳以上補償
・30歳以上補償
・35歳以上補償

上記したのはあくまで一例であり、保険会社によって少し内容が異なっています。
例えば「35歳以上補償」がない、というケースもあります。

※セゾンの自動車保険については極めて稀ですが、1歳刻みで保険料を設定しています。

30歳以上補償の自動車保険を契約したとします。
この場合は、運転者が30歳以上であれば自動車保険は適用され補償されます。
しかし25歳や20歳など30歳未満である方が事故を起こしてしまった場合には、補償の対象外とされてしまうわけです。

・自動車保険の運転者年齢条件が適用される範囲とは?

家族に運転者年齢条件が適用されます。
ですから家族の中で車を運転する最も若い方を基準に条件設定をすればよいのです。

例えば父(55歳)・母(53歳)・息子(25歳)という家族構成で全員が免許を持っており、車を運転する可能性がある場合には、息子の25歳が基準となります。
25歳以上の補償に入れる、ということになるわけです。

別居している家族ですが、運転者年齢条件は適用されません。
さらに友人や知人が運転したとしても適用されないのです。
要は条件外の年齢の別居している家族や友人・知人が自動車を運転して、もしも事故を起こしたとしても保険は適用される、ということになるわけです。
あくまで運転者年齢条件は同居している家族に関わることになっています。

年齢条件によって自動車保険はどのくらい安くなるのか?

・場合によっては自動車保険が半額以下になることも

全年齢補償のケースと30歳以上補償のケースを比較した場合ですが、実際に自動車保険の保険料が半額以下になった事例もあるのです。
仮に何も考えずに全年齢補償を利用してしまっていたら、毎年必要ない大きな保険料を払い続けている、ということになってしまいます。
年齢条件は自分にマッチングしたものを必ず設定しなければなりません。

【フィットの年齢条件と自動車保険料の関係性】
・全年齢補償・・・123,160円
・21歳以上補償・・・69,530円
・26歳以上補償・・・49,840円
・30歳以上補償・・・48,190円

※「楽天 保険一括見積もり」より抜粋

契約中の自動車保険の年齢条件変更方法

・インターネットか電話で簡単に変更手続き可能

ダイレクト型だけではありません。
代理店型自動車保険であったとしても、インターネットや電話で変更手続きをおこなってくれます。
契約変更手続きを実行すると、手続き当日からの適用されます。

年齢条件設定と保険料まとめ

とても簡単な自動車保険の節約方法です。
年齢条件を設定すれば自動車保険がお得になるチャンスがあるからです。
もしもお子さんの年齢が高くなったのであれば、すぐに年齢条件設定を変更しましょう。

注意したいのは、同居しているお子さんが車を運転できる年齢になり免許を取得した場合です。
この場合はお子さんの免許取得年齢にもよりますが、保険料は逆にアップしてしまいます。
だからといって年齢条件設定をそのままにしないでください。
お子さんが事故を起こした時に保険が適用されません。
家族の身を守るためにも年齢条件について変更がある場合には、変更手続きをその都度行うべきなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ