自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

人身傷害保険は自分を守る大切な保険

自動車保険の中でも人身傷害保険をあまり重視していない人も多いのが現状です。
確かに対人賠償保険や対物賠償保険と人身傷害保険は少し異なっています。
対人や対物は自分ではないものに対して保証をつけるものです。
高額化する恐れもあるので、しっかりとした保険を付けたい、と思っている方は多いです。

一方で人身傷害保険については事故の相手ではなく自分自身につける保険となっています。
そういったこともあって、あまり重視しない方が少なくありません。
しかし重要な保険であることも忘れてはなりません。

ここでは自動車保険における人身傷害保険について徹底解説します。
そもそも人身傷害保険とはどういったものなのか?補償額はいくら位に設定すればよいのか?といったことなどをお話します。

人身傷害保険とはどんな保険なのか?

・搭乗車を守る保険である

人身傷害保険は、契約者に乗っている搭乗者が事故によって怪我をしてしまったり、後遺障害を負ってしまったり、死亡してしまったりした場合に補償してもらえる保険となっています。

補償額の支払い(保険金)にも特徴があり、事故に対して過失があったとしても、契約した補償額内で全額保証をしてもらえるのです。
実際にかかった治療費用や休業による補償、さらに慰謝料に関しても補償してもらえます。

・契約車両以外に乗っているケースも守ってもらえる

人身傷害保険は契約車両に乗っているときだけ補償されるわけではありません。
被保険者と家族は、契約車両以外の自動車に乗っている場合や、歩行中の自動車事故によって怪我をしたり、死亡したりしてしまった場合も補償の対象となります。

※契約車両以外の補償に関してはカットすることも可能です。

・示談の成立前でも受け取ることが可能

保険金に関しては基本的に示談が成立してから支払われる、とのイメージがあると思います。
しかし人身傷害保険に関しては、示談の成立を待つことはありません。
成立前でも受け取れるので、安心できる保険と言っても過言ではありません。

人身傷害保険の利用イメージ

・自分の過失が3割で相手の過失が7割であったケース

事故が起きてしまい重症をおってしまったとします。
例えば、1,000万円の損害が出たとしましょう。
自分の過失が30%で相手の過失が70%であった場合には、相手の対人賠償保険から700万円が支払われることになります。
残りの300万円は自己負担になってしまうのです。

そこで出番になるのが自分の自動車保険でかけていた人身傷害保険です。
人身傷害保険に加入していれば、残りの300万円を補償してくれます。
要は事故による身体的な損害を結果的には全額カバーしてもらえるわけです。

・自分の過失が10割であった場合はどうなる?

自分が100%悪い事故にあってしまった場合には、相手の対人賠償保険から補償してもらえません。
全額自己負担となってしまう可能性が出てきてしまうのです。

しかし人身傷害保険に関しては、事故によってかかった治療費などを過失が100%であったとしても補償してもらえます。
補償額の範囲内であれば全額カバーできるのです。

・相手が無保険車であった場合はどうなるのか?

この場合も全く問題ありません。

相手が任意保険の無保険車であると自賠責保険の範囲内でしか補償してもらえません。
それでは足りない場合もあるわけです。
怪我をした場合は最大120万円までの補償となっていますからね。

自賠責保険で対応できなかった損害額は人身傷害保険によってカバーしてもらえます。
相手が任意保険に入っていなかった場合でも人身傷害保険によって自分が守られるわけです。

人身傷害保険の補償額はどの程度にすべきか?

・3,000万円程度でも十分

人身傷害保険に関しては、基本的には怪我などの治療費を賄うものです。
さらに休業補填にも対応しているので、そのあたりがカバーできれば問題ありません。

入院が必要であったり手術が必要であったりした場合でも、3,000万円あれば十分でしょう。
よっぽど稼いでいる方なら別ですが、休業補填に関しても3,000万円の補償内で十分に対応できるはずです。

もちろん死亡してしまった場合に関しては家族に一定額の資産を残したい、という希望もあるでしょう。
しかし自身の死亡に関しては自動車保険で対応すべきものではありません。
そちらは生命保険で対応すれば良いのです。

確かに人身傷害保険を無制限にすることも検討すべきですが、「事故相手を補償する保険ではないので節約することも可能」と覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ