自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

代理店型自動車保険のメリット・デメリットを知る

自動車保険ですが「代理店型自動車保険」と「通販型自動車保険」があります。
どちらを利用しようか迷ってしまった経験がある方も多いのではありませんか?

近年では通販型自動車保険が話題になっていますが、まだまだシェアでは代理店型自動車保険が圧倒的となっています。

今回は代理店型自動車保険について徹底解説します。
代理店型自動車保険を選択するメリットとデメリットを明らかにするので、自動車保険を探している方は必見です。

代理店型自動車保険もメリット2つ!

1.アフターフォローに強みあり
2.相談した上で契約が実施できる

・アフターフォローがしっかりしている

代理店型自動車保険は担当者が存在しています。
しかも顔を合わせて相談したことがある方なので、親身になって対応してくれるのです。

契約後に関しても継続して関わりを持ってくれます。
そもそも代理店としては継続して自動車保険と契約してほしいので、アフターフォローには力を入れざるをえないのです。

たとえば事故にあってしまった時や、契約の変更などをしたい時の手続きもスムーズになります。
担当スタッフの方と顔見知りになり、自動車保険について突っ込んだ質問やおすすめのプランを紹介してもらうことも出来るのです。

自分では知り得なかったおすすめのプランなどが教えてもらえるケースもあり、通販型自動車保険は自動車保険の初心者に方にとっては心強い存在と言っても過言ではありません。

・契約までじっくり説明してくれる

通販型自動車保険に比べて、契約まで様々なアドバイスを受けられる、といったメリットがあります。
通販型自動車保険に関しては契約まで自分で調べるケースがほとんどです。
保険の専門家ではないので、なかなか知りたい情報に行き着かない、というケースも考えられます。

代理店型自動車保険については、代理店のスタッフが様々なアドバイスをしてくれます。
自分にとってどのような保険がおすすめであるかも考えてくれるのです。

例えば自動車保険に対して何かしたの要望がある場合には、その要望を踏まえた上でおすすめのプランを紹介してくれます。

代理店型自動車保険であれば、自分であれこれ調べないでも結果的に良い保険に出会える確率が高いのです。

自動車保険は特約なども含めると、内容がかなり細分化されています。
その全てを理解することは難しいです。
代理店型であれば必要な情報だけ簡潔に教えてもらえるので、頭が混乱することもありません。

代理店型自動車保険のデメリット2つ!

1.保険料が高額化する恐れあり
2.店舗によってスタッフの知識量に差がある

・通販型と比較すると保険料が高い

通販型自動車保険は中間マージンをカットしています。
そもそも通販型自動車保険は自社の自動車保険を販売しているわけです。
一方で代理店ですが、様々な保険を取り扱っていますよね。
要は別会社の保険を仲介しているのです。

仲介しているということは仲介手数料が発生する、ということにもなります。
さらに人件費なども上乗せされるので、結果的に年間で10,000円屋20,000円、中には30,000円以上も通販型に比べて高く設定されていることもあるのです。

自動車保険は自動車を運転する限りは契約を続けていかなければなりません。
仮に30,000円の違いがあるとして50年間自動車を運転するとします。
なんと1,500,000円も代理店型自動車保険のほうが高く付いてしまうことになります。

保険料を節約したい、と考えている方には代理店型自動車保険は向いていません。

・スタッフの知識量に違いあり

すべての店舗が自分たちで取り扱っている自動車保険に詳しいわけではありません。
中には専業で保険を取り扱っていないところもあるのです。
あまり詳しくない自動車保険に対して質問をしたとしても、正確な答えが返ってくるとは限りません。

代理店型自動車保険を選ぶ時には、その店舗が本当に信頼できるのかを確かめなければならないのです。
中途半端な知識で説明されたとしても、その保険の中身を理解することは出来ません。

代理店型と通販型の両方を活用してみませんか?

なにも代理店型しか利用できない、通販型しか利用できない、というわけではありません。
2つとも活用した上で選ぶことも可能なのです。

例えば通販型では、ネットで見積りがとれます。
自分の車の保険料の相場が簡単にわかるのです。

代理店型であれば、直接スタッフに対して様々な相談ができます。

2つを上手く活用することで、より良い自動車保険と出会いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ