自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

自動車保険の見直しポイントを一挙公開

自動車保険はいつまでも同じものが良いとは限りません。
そもそも自身の生活環境も大きく異なるわけです。
走行距離も変わってきますし、家族の増減もあるでしょう。

今回は自動車保険を見直すポイントについて徹底解説します。

ずっと同じ自動車保険を利用しているけど「本当にこのままで良いのか」と思い始めている方は必見です。

自動車保険の見直しポイントその1|年齢条件をチェック

・年齢が高くなったら自動車保険を見直してみよう

そもそも自動車保険には年齢条件とされるものがあります。
年齢が低い場合には事故に遭う確率が高いとのことで、保険料が高く設定されてしまうのです。
しかし年齢が高くなると運転も安定してくると保険会社は考えているので、保険料がお得になっていきます。

もしも子供が同居している場合には、子供の年齢に合わせて年齢条件を切り替えていきましょう。

【自動車保険の年齢条件(保険料が高い順)】
・21歳未満・・・全年齢補償
・21歳以上補償
・26歳以上補償
・30歳以上補償

自動車保険お年齢条件は以上の4つに分類されているのです。
同居している子供が21歳未満の場合は全年齢補償を利用することになってしまうので、保険料は高額化してしまいます。

一方で子供の年齢が高くなれば、どんどんと保険料を引き下げることができるのです。
子供の年齢を自動車保険にしっかりと反映させていきましょう。

自動車保険の見直しポイントその2|走行距離をチェック

・走行距離が短い場合は保険料がお得になることも

最近の自動車保険では、年間走行距離によって保険料が増減するようになっています。
年間走行距離が長ければ保険料は高くなり、年間走行距離が短ければ保険料は安くなるのです。

保険会社によって走行距離の設定は異なっています。
10,000キロ以上や10,000キロ未満といった設定がされていることもあるので、年間走行距離が設定よりも明らかに短い場合には走行距離設定を変えて契約しましょう。

ちなみに設定した年間走行距離をこえてしまうことも場合によってはあるでしょう。
その場合は保険会社にしっかりと通知してください。
保険料を別途収めなければなりませんが、そうすることで設定走行距離を超えたとしても、保険が効くようになります。

自動車保険の見直しポイントその3|特約の内容をチェック

・不必要な特約が発生した場合には除外しよう

自動車保険には様々な特約が付けられます。
実際に様々な特約をつけて、様々な保証が受けられるようにしている方も多いのではありませんか?
しかし自動車保険と継続的に契約していく上で、不要になる特約も当然出てくるのです。

例えば自転車傷害特約というものも自動車保険にはあります。
仮に自転車を手放した場合には、自転車傷害特約は不要になりますよね。
特約があっても意味は無いので、解約しましょう。

ファミリーバイク特約というものもあります。
バイクをも保険で補償してもらえるわけですが、バイクを処分して乗らなくなった場合には解約をして保険料を節約すべきなのです。

ゴルフが好きな方は車内携行品補償特約を付帯している方も多いでしょう。
特にゴルフクラブは高価なものが多いですからね。
しかしゴルフをやめ、車内に高価なものを置く機会が少なくなった場合には解約するべきなのです。

自動車保険と契約する時は、必ず特約の見直しを実施しましょう。
カットできるものは積極的にカットして保険料の圧縮を狙うべきです。

自動車保険の見直しポイントその4|車両保険をチェック

・車両保険を適切な内容にすれば保険料が大幅に節約できる場合も!

車両保険には一般タイプとエコノミータイプが存在しています。
エコノミータイプにすると自損事故などが保証外になりますが、自動車自体の価値が下がってきている場合には影響が少ないわけです。
例えば自動車を購入してから10年以上たった、という場合には車両保険をエコノミータイプに切り替えることもおすすめなのです。

・自己負担額を高く設定する方法もあり

車両保険には免責金額というものがあります。
免責金額を高く設定すると、保険金がそれだけ少なくなってしまうわけですが、保険料を抑えることになります。
免責ゼロに設定した場合と免責10万円に設定した場合に比べてかなりお得になるのです。

事故は起きるかわからないものです。
起きなかった場合には免責がゼロでも特に問題はありません。
もちろん免責金額を競ってしないでしっかりと補償してもらうのも一つの考え方です。
保険料と免責金額は密接に結びついているので、見積もりを出してもらってしっかりと比べて自身で判断しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ