自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

自動車保険は自賠責保険だけではダメ!任意保険も重視すべき

自動車保険には強制保険と呼ばれる自賠責保険と、一般的な自動車保険を指す任意保険に分かれています。
自賠責保険は強制的に加入しなければならないものであり、任意保険はその名の通りに任意の保険となっています。

そこで考えてしまうのが、任意保険は任意なので加入しなくても良いのか?ということです。
「自賠責保険に入っていれば大丈夫でしょ」と思ってしまう方も多いのです。

しかし自賠責保険だけでは問題が発生してしまうこともあります。
任意保険も大事なのです。

ここでは、なぜ任意保険も加入しなければならないのか?ということをお伝えします。

任意保険に加入しようか悩んでいる方は必見です。

自賠責保険と任意保険は補償対象が大きく異なっている

【自賠責保険の補償内容】
・相手方の人への補償・・・あり
・相手方のものへの補償・・・なし
・自分側の人に関する保証・・・なし
・自分側の物に関する保証・・・なし

【任意保険の補償内容】
・相手方の人への補償・・・あり
・相手方のものへの補償・・・あり
・自分側の人に関する保証・・・あり
・自分側の物に関する保証・・・あり

なぜ任意保険に加入しなければならいのかがよく分かるのではありませんか?
そもそも自賠責保険に関しては、相手の人に対する補償しか付いていないのです。
相手のものも補償できませんし、自分人に対する補償も全くなく、これでは事故にあってしまってもほとんどカバーできない、といった状況になってしまうわけです。

一方の任意保険に関しては、相手と自分に対する人と物の両方をカバーできます。
要は事故で発生してしまう損害のほとんどに対してカバーしてもらえるチャンスがあるのです。

補償額が圧倒的に任意保険のほうが高い

【自賠責保険の補償額】
・相手方の怪我・・・最高120万円
・相手方の死亡・・・最高3,000万円
・相手方の後遺障害・・・最高4,000万円

自賠責保険は限界がある補償内容となっているのです。
死亡しても3,000万円までであり、後遺障害が残った場合でも4,000万円となっています。
もしも自賠責保険だけで対応しようとすると、自己負担額がかなり大きくなってしまう可能性もあります。

そもそも怪我であったとしても入院が必要であり、さらに何度も手術するとなると数百万円掛かることも考えられます。
死亡や後遺障害の賠償金額が1億円を超える事例も多発しているのです。
自賠責保険だけで対応しようとしても無理なのです。

任意保険に加入していれば、自賠責保険でカバーしきれなかった部分も補えます。
もちろん補償内容によっても異なってくるのですが、大事な対人賠償保険と対物賠償保険に関しては「無制限」に設定する方が多くなっています。
無制限保証となると、億単位の賠償責任を背負うことになったとしても問題はありません。
任意保険がカバーしてくれるのです。

自損事故にも対応できる任意保険

事故は何も相手がいるとは限りません。
例えば電柱に突っ込んで自動車が大破し運転者が怪我をしてしまう、ということもあるでしょう。
建物ばかりではなく、木などにぶつかるということもあるかもしれません。
そういった自損事故については、自賠責保険では対応してもらえないわけです。

・搭乗者傷害保険
・人身傷害補償保険
・自損事故保険
・車両保険

任意保険に含まれている上記のような保険が自分の車や人に対して対応してくれるものとなっています。

搭乗者傷害保険は搭乗者が事故で死傷した場合に過失割合に関係なく補償してくれるのです。
人身傷害補償保険は搭乗者が事故で死傷した場合に実損払いにて補償してくれます。
場合によっては契約者以外の自動車で起きた事故にも対応してもらえます。

自損事故保険はその名の通りに自損事故に対応しています。
単独事故を起こしたとしても、怪我などの治療費を補償してくれるのです。
車両保険は自分の車の損害に係る補償をしてくれるものです。
事故だけ絵はなく盗難やイタズラによって被害を受けた場合でも対応してもらえます。

以上の補償は自賠責保険には一切ありません。

任意保険は自賠責保険よりも負担が大きいが加入すべきもの

自賠責保険は1年間あたりで13,000円前後の設定となっています。
一方で任意保険は安くても30,000円から40,000円程度はかかってしまいます。
しかし任意保険の問題点は費用だけです。
補償内容を考えれば、結果的には自賠責保険よりもコストパフォーマンスは高い、ということになるかもしれません。

任意保険をケチったおかげで事故によって人生を狂わせてしまうかもしれないのです。
後悔しないようにするためにも、任意保険にも加入して事故に備えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ