自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

通販型自動車保険のメリット・デメリットを知る

自動車保険には代理店型と通販型があり、近年人気が高まっているのが通販型です。
テレビコマーシャルなどでも積極的に宣伝されており、その保険料の安さに驚いている方も少なくありません。

通販型自動車保険への加入を考えている方も多いと思います。
しかし加入手続きを行う前に知っておかなければならないことがあることも事実。
それはメリットとデメリットです。

通販型自動車保険には良い面もあれば悪い面もあるのです。
加入するのであれば、悪い面もしっかりと確認しておいかなければなりません。
加入してからあらが色々見つかった、ということでは遅いわけです。

ここでは通販型自動車保険のメリットとデメリットを明らかにします。

通販型自動車保険のメリット2つ!

1.手続きが簡単
2.保険料が安い

・手続きの気軽さも人気の理由

通販型自動車保険は契約の手続きがそれほど難しいわけではありません。
代理店型の場合は、実際に店舗に向かって説明を受けた上で手続きに入る、というケースが多くなっているはずです。
しかし通販型自動車保険に関しては、インターネットを介して契約手続きが行えます。
ですから店舗に向かう必要がありません。

もしも店舗に向かって契約するとなると、営業時間も考えなければ名ありません。
店舗の営業時間と自分の労働時間が重なっている、というケースも珍しくはありません。
仕事帰りに寄る、ということも難しいのではありませんか?

一方で、通販型自動車保険ですが、インターネットで手続きが行えるので営業時間等も関係ありません。
仕事が終わって帰って来てからでも申し込めるわけです。
深夜であったとしても関係ありません。

自分の時間を自由に使って契約できる、といったメリットにも目を向けなければなりません。

・保険料が低めに設定されている

通販型自動車保険は、代理店型自動車保険と比較して低価格を実現しています。
低価格を実現している理由として、中間マージンが発生しない、というものがあります。

代理店型自動車保険ですが、そもそも代理店という仲介者が存在しています。
結果として、代理店の利益分が自動車保険に上乗せされてしまっているのです。
代理店では人件費や店舗の賃貸費用などもあります。
それらも我々の保険費用に関わってきてしまいます。

通販型自動車保険の場合には、特に店舗を設けていません。
本社はありますが、支店などの数も限定されているのです。
大きな都市に必ず店舗があるわけではないのです。
経費がかかりにくいシステムとなっており、保険料に上乗せされるようなものはほとんどありません。
その結果、安く保険を提供できるわけです。

問題はどれくらい安くなるのか?という部分でしょう。
こればかりは車種や保険内容によっても違いがあるので何とも言えません。
しかし少なくても数千円程度から10,000円程度は安くなる、とされています。
年間数千円から10,000円程度なので、長い期間を考えると大きな差になる、と言っても過言ではありません。

中には保険料が通販型自動車保険位切り替えただけで30,000円以上安くなった、といった事例もあるほどです。

通販型自動車保険のデメリット2つ!

1.自分で調べなければ適切な自動車保険が選べない
2.補償内容が少ない

・自分にマッチングする自動車保険が選べない可能性がある

代理店型自動車保険は、様々なプランを紹介してくれ、それらの中から最も自分にマッチングしているものを選んでいきます。
特約なども考えてくれるので、自分でほとんど調べたりしないでも良い自動車保険を契約できる可能性があるわけです。

通販型自動車保険の契約手続きは基本的に自己責任となってしまいます。
かえって不要な特約を選んでしまったり、必要な保証を削ってしまったりということまであるのです。
自分で全てを決断しなければなりません。

初めての自動車保険契約であると、右も左も分からないと思います。
そんな状況の時に通販型自動車保険を選んでしまうと後悔してしまうケースも少なくありません。

・特定の特約がないなど、保険としての問題があることも事実

通販型自動車保険は代理店型自動車保険に比べて補償内容が簡素化されています。
例えば、一般の損保で用意されているような特約がないこともあるのです。

より手厚い保険に加入したい、といった希望を持っている方には通販型自動車保険はおすすめできません。

ちなみに3年などの長期契約が出来なかったりクラシックカーなどの高級な外車は契約できなかったりしたケースも報告されています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ