自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

勧誘行為がないってホント?自動車保険一括見積りの真実

「自動車保険の一括見積もりサービスを利用すると勧誘を受けるのではないか?」といったことを考えている方も多いでしょう。
毎日のように電話が来て、自社の自動車保険と契約するように迫られてしまう、といった印象を持っている方も多いと思うのです。

たしかに自動車保険以外の一括見積もりサービスを利用してそのような経験をしてしまった方もいるでしょう。
しかし自動車保険の一括見積もりサービスに関しては、それほど勧誘を恐れることはありません。
ひどい勧誘をされた経験がある方はほとんどいないのが実情なのです。

では実際に自動車保険の一括見積もりサービスを利用したあとの勧誘はどうなっているのでしょうか?
勧誘が怖くてなかなか一歩が踏み出せなかった、という方は必見です。

電話による勧誘は基本的に実施されない!

・審査結果も電話で行われない

自動車保険の一括見積もりサービスですが、利用後に保険会社から電話が来る、ということは基本的にありません。
「見積もり結果の電話がかかってきて、そのまま勧誘が開始される」といったイメージを持っている方も多いと思います。
しかし決してそのようなことはありません。

一括見積もりの結果については、一括見積ページに表示をされたり、はがきやメールでのお知らせとなったりするのです。
電話によってお知らせが来るようなことはほとんどないので、電話による勧誘が実施される、ということは基本的に考えなくても大丈夫です。

一括見積もり申し込み時に電話番号を提供するけど本当に平気なの?

・電話があるのは申し込みに不備があった場合

申し込み情報に誤りがあるケースなどに限定して、入力した電話番号に電話をかけてくることがあります。
しかし勧誘を主目的として、入力した電話番号が利用されてしまうことはほとんどないのです。

たしかに申し込み時に電話番号を入力するのは少し怖いかもしれません。
しかし勧誘の連絡が来ない、ということがわかればその怖さもだいぶ減るのではありませんか?

安心して申し込み時には電話番号の情報を入力してくださいね。
どうしても怖い、という場合はなるべく都合の良い電話番号を記載しておきましょう。
固定電話番号と携帯電話番号のどちらを入力しても基本的には問題ありません。
電話を受けても良い方の番号を記載しておけば、それだけ安心できるはずです。

ビックリ!嘘?ホント?保険会社は怖くて電話による勧誘ができなかった

・電話による勧誘は特定商取引に関する法律に抵触する恐れあり

保険会社ですが、契約しないと態度を明らかにされた場合には行動を制限されてしまうのが現状となっているのです。
特定商取引に関する法律の第17条にあることが記載されています。
それは「再勧誘の禁止」というものなのです。
明らかな態度を示されているにも関わらず、何度となく勧誘を続けてしまう行為は違反とされる恐れがあり、結果として営業停止などの処分が下ってしまうことも考えられます。

以上のことからも保険会社が電話による勧誘をほとんど行ってこない、ということがよく分かるのではありませんか?
最近ではダイレクト型自動車保険の中にも有名なところが多いです。
もしも営業停止のような処分が下ってしまえば、実質的な営業損失だけではなくイメージまでダメにしてしまいます。
そのような危ない橋を渡ってまで勧誘はしてこないわけです。

保険会社からメールやダイレクトメール(DM)は届く可能性あり

保険会社も営業はしなければならないので、メールやダイレクトメール(DM)を利用してコンタクトを取ってこようとします。
しかし前述したように特定商取引に関する法律の第17条が関係してくるので、その内容は保険情報などの案内にとどまるのが現状なのです。

「まぁ電話でなければ勧誘されてもかまわない」という方もいるかもしれません。
電話の場合は時間を無駄にしてしまうこともあるわけですが、メールやダイレクトメールであれば捨ててしまえばよいわけですからね。

・スパムメールが届く用になる可能性あり

実は全ての一括見積もりサイトが安全とはいえません。
中には悪徳業者が紛れ込んでいるのです。
そういったサイトを利用してしまうと、スパムメールが大量に送りつけられる可能性もあるので注意してください。

安全性の高い自動車保険の一括見積もりサイトとしては、「保険スクエアbang!」、「ズバット自動車保険比較」、「インズウェブ」などがありますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ