自動車保険一括見積りサイトで
自動車保険を安くする!

申し込みの必要書類は二つだけ!?自動車保険一括見積り申し込みの真相

自動車保険の一括見積もりサービスに依頼する時に必要になってくるのが幾つかの書類です。
書類については、見積もりの依頼を始める前に準備していたほうがスムーズに手続きができます。
手続きを開始してから「この書類がない」、「あの書類がない」といったことは避けたいですよね。

では実際に一括見積もりサービスを利用する時にはどのような書類が必要になってくるのでしょうか?
実はケースバイケースで必要になってくる書類に違いがあるのです。

ここでは「まだ自動車保険を利用していないケース」(新規のケース)と「自動車保険の乗り換えを検討しているケース」(継続のケース)に分けてどのような書類が必要になってくるかを明らかにします。

新規で自動車保険の加入を検討しているケース

1. 免許証
2. 車検証

新規で自動車保険に加入しようとしている場合ですが、書類に関してはたった二つの準備でOKです。
書類の面から見ても自動車保険の一括見積もりサービスは利用しやすい、と言っても過言ではありません。

ちなみに免許証に関しては、そこに記載されている内容を把握しているのであれば実際には準備する必要はありません。
もちろん準備して確認しながら記入するほうが確実ですよ。

問題となってくるのは車検証でしょう。
車検証については、自動車保険の継続の方であればもちろん発行されているはずです。
しかし新規で自動車保険に加入しようとしている方に関しては、まだ納車が済んでいないこともありますよね。
そうなると「車検証を手に入れるのを待ってから一括見積もりを利用することになってしまう」と思ってしまうでしょう。

しかし納車前に車検証の情報を手に入れることもできるんですよ。

・納車前に車検証に書かれている情報を手に入れるために必要なこと

最も簡単なのはディーラーに尋ねることです。
「自動車保険の見積を受けるために車検証の情報が必要である」旨を伝えてください。
納車前ではありますが、車検証に関する情報について教えてくれるはずです。

他には少し面倒ですが、インターネットの検索システムを利用する方法もあります。
見積り依頼時には自動車の型式などの情報が必要になってくるわけです。
ネット検索で、その型式も確認できるんですよ。
例えば「フィット 型式」と検索してみてください。
そうするとGoo-netのホームページがトップに出てくるのではありませんか?

検索結果で出てきたGoo-netのサイトをクリックすると幾つかの型式が表示されています。
型式は年代によって異なってくるので、年式などである程度は把握できると思います。
あくまで見積もりなので正確な情報が必要ではないケースもあるのですが、やはり見積もり結果を少しでも現実に近づけるためにも型式などの情報は正しいものを記入しなければなりません。

もう一点、自動車見積もりでは「車の初度登録年月(しょどとうろくねんげつ)」の情報が必要になってきます。
こちらに関しては納車が済んでいない状態ではいつになるかわかりません。
見積もり時に初度登録年月の情報を入力する場合には、直近の年月を記載しましょう。
必ずしも正確な情報とはいえませんが、こちらに関しては納車しなければわからないので仕方ないのです。

継続(乗り換え)で自動車保険の継続を検討しているケース

1. 免許証
2. 車検証
3. 保険証券

新規のケースと比較すると、保険証券のみが追加で必要になってきます。
保険証券に関しては、見積もりを受ける時点で加入している保険の情報が記されているのです。
補償内容が記載されているものですが、見積もりを受ける時に特に重要になってきます。

例えば保険証券に記載されている内容とほとんど同じ補償内容で見積もりを受ければ、今の保険料と比較できるわけです。
いま利用している保険よりも保険料が安いものを探している、という方がほとんどですよね。

保険証券は前もって準備しておくことで大いに役立ってくれるのです。

そもそも一括見積もり時にはどのような情報を求められるのか?

・自動車の所有者(名義人)に関する情報
・運転手に関わる様々な情報
・自動車に関わる情報
・現在の保険の情報
・希望の補償内容や保険料に関する情報

上記のような内容が求められることになります。
一括見積もりサービスによっては内容が若干異なることになりますが、基本的には同じようなものと考えて間違いありません。

ちなみに車に関する情報ですが、メーカー名や社名、そして形式といったものだけではなく、年間の走行距離や改造車であるか否か、ということが聞かれることもあります。
年間走行距離に関しては、少し余裕を持って答えておくと良いかもしれません。
ギリギリの距離にしてしまうと、補償に問題が発生するかもしれないからです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ